鍵の専門家に連絡すれば特殊な工具を使って対処

それ自体に不都合があったり、内側に何か詰まっていたりと原因はさまざまですが、無理に回そうと力を入れてしまうと壊れてしまうことがあるのでご注意ください。扉がずれて開かない場合は無理しない程度に、扉を押し込むと上手く開錠できることもあります。また鍵が刺さったまま折れてしまった場合は、専門家に連絡すれば特殊な工具を使って対処してくれます。

暗証番号を突き止め開錠してくれるか

暗証番号を忘れてしまった場合、専門家にご連絡ください。暗証番号を突き止め開錠してくれるか、もし分からない場合でも今のカギを壊して新しいものに変えることを考慮していただけます。シリンダー錠の場合、鍵が回らなくなることがあります。

いろんな鍵 それぞれで対処法は異なるので、確認

家庭の財産を守るために存在する金庫。しかしそのカギをもし紛失してしまったり、なくしたり、暗証番号を忘れてしまったりしたら、どうすればよいのでしょうか? 一口に金庫といってもダイヤル式、テンキー式、シリンダー錠など種類はさまざまです。それぞれで対処法は異なるので、確認しましょう。

古い鍵 ピッキング犯罪に脆弱性を露呈した

鍵をピッキング
シリンダーは金庫などに多く採用されている一般的なロック方式で、種類が内臓ダンブラーのタイプによって複数あり、またそれぞれ種類によって防犯性能が異なります。タイプとしてはディスク式、マグネット式、ディンプル式の3つに大別することができます。まず1つ目のディスク式は一昔前まで多くの人が使用していたタイプで、ギザギザのへこみがキーの両面に入っているのが特徴で、ピッキング犯罪に脆弱性を露呈したことから現在では使用する人はほとんどいません。玄関ドアノブの鍵交換をおすすめします。そして2つ目のマグネット式は磁石の特性を活かした方式で、ピッキングに対して大きな防犯効果を発揮し、多くの耐火金庫製品に採用されています。3つ目のディンプル式はディスク式に入れ替わるかたちで普及した方式で、複数のピンの位置と形状がキーと一致することでタンブラーの回転が可能になる機構になっており、その為、穴のようなものがキーの表面や裏面に空いています。ピッキングに対しては高い防犯性を保持しており、主力製品として複数のメーカーから販売されています。カギの紛失でのスペア作成やシリンダー交換をご依頼する際は以上のことを把握しておくと案件をスムーズに進めることができます。